今年のテーマ

2020月分~2021年度 箱根ロータリークラブ会長 角山 俊夫


<活動方針>

 ホルガー ・ クナーク RI 会長の 2020 21 年度テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
このテーマは、ロータリアンがリーダーシップを強化する機会をつくり、奉仕の理念を行動へと移し、支援を必要とする人びとの生活を向上する活動を行うようロータリアンを喚起しています。

 2780 地区久保田英男ガバナーの地区方針は「TOGETHER もっと自由に」です。
楽しむための一番の方法は、皆が集まること( together ) と述べておられます。
私はこの部分に共感いたします。
箱根ロータリークラブの歴史と伝統を大切にしながら、刻々と変化する時代に応えてクラブも変わって行くことを恐れずに挑戦してまいります。

<活動計画>

  1. 例会参加
    例会参加がロータリークラブの基本です。
    卓話を充実し、共に学びます。
    会員相互の親睦を図ります。
  2. 奉仕・親睦活動の充実
    清掃活動、テーブルマナー教室など引き続き開催いたします。
    移動例会、クリスマス家族会など会員相互の親睦を深めます。
  3. 会員増強
    会員増強に努めます。

2020-21年度国際ロータリー会長 ホルガー・クナーク

数年前、知り合った人からある質問をされました:
「ロータリーとは何ですか?」シンプルであるはずのこの質問に答えようと口を開きかけたところで、思わず止まってしまいました。どこから説明してよいか分からな かったのです。ロータリーとは何かを、私が知らなかったわけではありません。問題は、ロータリーがあまりに大きく、複雑すぎて、簡単に説明できないことでした。 ロータリーとは、会員制の団体、クラブを基盤とした団体、奉仕を行う団体であり、町ごと、地域ごと、そして全世界で活動する団体です。その会員は、地域社会のメ ンバー、事業人、職業人であり、現役で仕事をする人もいれば、定年退職した人もいます。そして、世界のほぼすべての国で活動しています。120万人の会員一人ひと りが、独自の目標と優先を掲げ、一味違った経験をしています。一人ひとりが、ロータリーを独自の解釈で理解しているのです。

 私にとってロータリーとは、「どのような団体か」ではなく、「何をしているか」で定義されます。すなわち、ロータリーが私たちに与えてくれる可能性、そして、その可能性を有意義かつ持続可能な奉仕によって実現する方法によって、定義されるのです。
 ロータリーには、112年の豊かな歴史があります。この間にロータリーは、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに対応しながら、ある意味で大きく変わりました。

 しかし、その根底にあるものは同じです。それは、地域社会と世界に変化を生みだしたいという願い、そして、ロータリーを通じてそれを実現できるようになった人が集まった組織だということです。「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは行動をもって答えます。 奉仕を通じて変化をもたらすことによって。組織として、私たちは、ロータリーとは何か、何をするのかを世界に理解してもらうことが、いかに重要であるかを認識しています。同時に、各クラブがロータリー奉仕を独自に定義することが、かつてないほど重要であると自覚しています。ロータリアンである私たちは、これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、また、もっと多くの女性や多様な会員を迎え入れて、地域社会の特色をクラブに映し出すことに力を注いでいます。長期の計画、持続可能な奉仕、全レベルでのリーダーシップの継続性を重視することで、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続けるよう努力しています。

 2017-18年度、「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。 新しい遊び場や学校をつくる、医療や衛生設備を改善する、紛争仲裁者や助産師を研修するなど、私たちはその活動が、人数が多かろうが少なかろうが、誰かの人生をより良くしているのだと知っています。ロータリー入会のきっかけが何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は、毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。

ページTOPへ

2020-21 年度RID2780 地区運営方針 ガバナー 久保田 英雄


2020年、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大は瞬く間に世界へ拡がり、見えない脅威から身を隠すように人々は家に籠り、町は突然静まりかえり、ただ恐怖が過ぎ去るのを待つ生活が続きました。ロータリークラブも早いクラブは、緊急事態宣言発令前の二月下旬から例会を中止され、三月から五月にかけてはほとんどのクラブが例会を見送りました。地区の活動においても3月に予定されていた会長エレクト研修セミナー(PETS)と地区研修・協議会は、オンラインによる開催に変更され、6月のホノルル国際大会も中止、替わってバーチャルによる開催となりました。かつてこの様な事があったでしょうか。

申し遅れました、私は2020-21年度国際ロータリー第2780地区ガバナー・鎌倉RC所属の久保田英男です。もしこの様な事態にならなければ、年度前のセミナー等で就任前、皆様の前で、2020-21年度の展望や計画を直接お話しさせて頂き、皆様の反応やご意見を参考に新年度を迎えるはずでした。しかし、それらは叶う事なく、全く違う形、経験のないスタートとなりました。この自粛期間中、不安と虚無感の中、新年度を迎えるにあたり計画変更を余儀なくされた事実を受け入れ、全くの未経験、短い時間で、PETS等の代替手法を考え実行するのには、正直なところかなりのエネルギーを必要としました。もちろん、私一人ではなく多くの人たちの協力と連携があって出来たことです。それも集まって打合せの出来ない中、慣れないリモート作業がいかに大変だったか、そして、それを経て、今ここに新年度を迎えることができ、協力参加して頂いた皆さんには感謝しかありません。

この状況にあって、「できない」と諦めることは簡単でした。しかし、これを「私たちに与えられた機会」とポジティブにとらえ、「どうしたらできるか」を考え、それを迷うことなく実践し、それを信じて完成してくれた結果がこれらとするならば、正に今私たちは、扉を開き新しい世界を手に入れたのです。小さな成功体験かもしれませんが、この積み重ねが大切なのです。伝統はこうして作られるのだと思っています。

こうして見ると、実は一方で、私たちはこれまでの生活様式を見直す機会になったのかもしれません。今回のPETSや地区研修・協議会は、この環境でなければオンラインで行うことを、考えなかったでしょう。そして、多くの皆さんが参加して頂いたことで、新しい選択肢と課題を私たちは得ることができました。また、一方でやはり直接集まって、直に声を聞く有難味も感じています。

ページTOPへ