今年のテーマ

2018月分~2019年度 箱根ロータリークラブ会長 勝俣 喜陽


<活動方針>

 2018-19年度、バリー・ラシンRI会長の国際テーマは「インスピレーションになろう」と創造と変化をもとめられておりますので、勝俣喜陽年度のテーマを「変化を遂げるための架け橋」と銘打たせて頂きました。
 会員の皆様方におかれましても、その変化をご理解頂きまして、次世代へ新しい価値観をお渡しできるようにご協力いただきますようにお願い申し上げます。
 さらに会員増強の面では、クラブの運営に適した会員数を把握し、増強に当たる際にも、将来の活動にたいして、「あなたこそが箱根ロータリークラブには必要です」という人材をさだめて、入会のお誘いをしていく意識も持つようにして参ります。
 増強に「打ちでの小槌はない、走者一掃のホームランもない」と地道な努力を怠らないようにクラブの発展に尽力を注いでまいります。

<活動計画>

  1. クラブ内の活動の変化改革は今年限りで達成できるものではありませんので次世代の会員の皆様と意見交換をしながら小さな変革を重ねてまいります。
  2. 変化改革と平行して伝統的に継承してきた、ごみゼロキャンペーン、地元中学生をお招きしてのテーブルマナー教室等の箱根クラブらしい地域の皆様と歩調を共にしてゆく奉仕活動を積極的に遂行してまいります。
  3. 例会場が湯本富士屋ホテルに変更になった事を国内外に告知し、メークアップをして頂く機会を増やし、他クラブの会員さんとのコミニュケーションの時間を増やしてまいります。

2018-19年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン

インスピレーションになろう
113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありません。私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。

ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。私にとって、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到 達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれるのです。

ページTOPへ

2018-19 年度RID2780 地区運営方針 ガバナー 脇 洋一郎


2018-19年度ガバナーを務めます脇洋一郎です。所属クラブは茅ヶ崎湘南ロータリークラブです。私は1990年に茅ヶ崎湘南ロータリークラブに入会しました。この29年間にクラブの先輩、歴代ガバナーの皆様はじめ多くの方々からかご指導をいただき今日に至りました。毎年、地区内ロータリアン各位とのいろいろな活動を共にして、多くの人と出会い、多くの友人ができました。このことは私にとって大変貴重な経験であり、財産です。

これまでのロータリーの経験のなかで印象に残るものがいくつかあります。ひとつは毎年一泊で実施していた「新会員の集い」です。親睦と研修を同時に体験することのできるこの集いに参加した多くの新会員が今、クラブや地区で大活躍しています。大変やりがいのある行事でした。

次に思い出に残るのは5年前の8月に開催された“厚木あゆまつり”でのEND POLIO NOWキャンペーンです。当時の相澤光春ガバナーの下で大谷地区公共イメージ委員長を中心に、試行錯誤を繰り返しながら企画立案しました、ポリオ撲滅の周知と募金活動は大成功でした。私もR財団資金推進・ポリオプラス委員長として委員の方々とともに参加しました。真夏の二日間、汗が乾いてTシャツが塩で白くなりながら、参加者全員で分かち合った感激は今でも大切な思い出です。

インドでの5歳以下の子供たちへの生ワクチン投与の奉仕活動も忘れられません。相澤光春パストガバナーはガバナー当時から5年間継続してこの奉仕活動を続けられています。
私は第2回と第4回に参加しました。2月に実施されるインド全国ポリオ撲滅活動に世界中から多くのロータリアン、ローターアクトが参加します。現地では今も後遺症に苦しんでいる多くの患者さんを必死に治療している医師の先生方の貴重なお話を聞くことができました。ポリオの発症がなくなっても地道な予防活動がいかに大切かを感じました。

私は2018年1月14日から21日までの8日間、米国サンディエゴで開催された国際協議会に参加しました。到着した日の夜の開会本会議の中で、バリー・ラシンRI会長エレクトから「インスピレーションになろう」のRIテーマが発表されました。この国際協議会に参加して印象に残った言葉はChange、変化でした。多くの講演者が変化を強調していました。なぜ変化を強調するのか。重要なことは意識改革です。それぞれのクラブ、ロータリアンがインスピレーションを働かせて、ロータリーに変化をもたらす発想の転換を行い、新発想のもとにロータリーを活性化させることが重要であると感じました。私たちも「インスピレーションになろう」の精神でクラブに変化をもたらしましょう。

そして今年度の地区方針は以下の6項目です。
1、奉仕の実践 2、RI戦略計画の推進 3、会員増強・会員維持 4、寄付のお願い(R財団・米山奨学会) 5、ロータリー賞へのチャレンジ 6、マイロータリーの登録率向上

この地区方針をご理解いただき、皆様とともにこの年度を充実した1年にしてゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ページTOPへ