役員・委員会

2018~19年度 会務分担表

役員・理事

役  名 理事 氏  名   役   名 理事 氏  名
会  長 勝俣 喜陽   会長エレクト
副 会 長 井島 章博   職 業 奉 仕 村上 隆
幹  事 田代 恭子   社 会 奉 仕 勝俣 浩行
副幹事・I.M.委員 根本 克彦   国 際 奉 仕 岩田 正崔
副 幹 事 上野 裕  
会  計 鈴木 茂男  
SAA 澤田 利雄   クラブ管理運営担当 杉山 幹雄
副SAA 大場 脩一   奉仕プロジェクト 山田 敏理
会 計 監 査 杉山 幹雄  
2018~19年度 各委員会

クラブ管理運営委員会担当理事・杉山 幹雄  ◎委員長 ○副委員長

出席委員会  瀬戸弘之 田野上勇人 田中久士 杉山秀司 勝俣智行
上野裕         
スマイルボックス委員会 中村靖 今田大次郎 勝俣和久 鶴巻美樹
プログラム委員会 駒篤司 角山俊夫 村上 隆 安藤紀之
クラブ会報委員会 ◎新美康明 宮本邦彦 鶴巻美樹 勝俣喜陽
クラブ広報委員会
(公共イメージ委員会)
宮本邦彦 ○澤田利雄 山田治幸
会員増強・維持委員会  杉山幹雄 ○窪澤吉幸 岩田正崔 井島章博 井上画期
会員選考委員会
(職業分類含)
勝俣伸 勝俣昭彦 澤田君雄 小林三男 小澤修二
親睦活動委員会 小澤修二 井上画期 根本克彦 青野豊 瀬戸弘之
新美康明 中丸富夫 田野上勇人 今田大次郎
研修リーダー
(R情報含) 
小澤修二 田代恭子 澤田利雄
奉仕プロジェクト委員会担当理事・山田 敏理

職業奉仕委員会 村上隆 青野豊 野頼清 駒篤司 辻内和七郎
社会奉仕・環境保全委員会 勝俣浩行 ○中丸富夫 大場脩一 鈴木茂男 上野裕
新世代奉仕委員会 ◎勝俣昭彦 川辺隆夫 勝俣伸
国際奉仕・姉妹クラブ
委員会
岩田正崔 ○安藤紀之 川辺隆夫 山田敏理 小林三男
ロータリー財団委員会 山田敏理 辻内和七郎 窪澤吉幸 宮本邦彦
米山記念奨学会委員会 青野豊 勝俣浩行 澤田君雄 山田治幸 中村靖
国際ロータリー第2780地区  委嘱地区役員・委員
米山奨学・米山学友委員会 委員長 危機管理委員会 委員 澤田君雄
公共イメージ委員会    副委員長 田代恭子
青少年交換委員会    委員 角山俊夫 

各委員会活動方針
会場監督(SAA)
  • 箱根ロータリーの気品と風紀が守られ、例会その他の会合において目的に沿った秩序ある進行がスムーズに行えるよう努めます。
  • <活動計画>
  • 1.例会点鐘の30分前に入場し、例会の目的に沿うように環境を整えます。
    2.ゲスト・ビジターの方々を接遇し、お席へ円滑にご案内します。
    3.会員相互のコミュニケーション促進のため着席テーブルが固定化しないように努めます。
クラブ管理運営委員会
  • クラブの年間行事予定が、活発な委員会活動により、実りあるものになりますよう努めます。
    <活動計画>
    例会への100%出席目標から始まり、スマイルしたくなる雰囲気作り、会員同士がより一層の友情を深めるコミュニケーションの場づくり、自己啓発も図れる卓話、例会情報がふんだんの会報による活動の確認、将来の会員増強に繋げる広報活動、会員や家族同士が知り合い友情を深めあう親睦活動等々、委員会活動を支えてまいります。
出席委員会
  • 例会の出席率の向上に努めます.
    <活動計画>
    例会開始30分前に集合し受付業務とともに出席欠席を確認、出席数出席率を報告します。新会員の委員は会員の名前を憶えるように努めていただきます。次回以降の出席欠席予定を確認、記録します。
スマイルBOX 委員会
  • 会費以外の収入源として各活動の補助及び奉仕活動の資金として活用されます。会員各位の奉仕の心を大事にし、集まった浄財を有効に使って行きたいと思います。
    <活動計画>
    会員誕生日、奥様誕生日、結婚記念日、入会記念日に記念品の贈呈。2.年間を通して最多スマイルの会員にスマイル賞。3.会員各位がスマイルをしやすい雰囲気を作ります。
プログラム委員会
  • 月間に合わせたテーマや箱根ロータリークラブの良さを知っていられる会員の方に卓話を頂くことにより再度箱根ロータリーの良さを再認識していただき、ロータリーに対して興味を抱いていただける例会にしたいと思います。理事会や各委員会の活動計画が円滑に実行され、クラブ運営にバランスよく反映できるよう提供することを活動の目標にします。
    <活動計画>
    1.各月間に関連する卓話を計画していきます。
    2.卓話を充実し会員相互の理解と親睦を深めます。
    3.会員相互の理解を深め、ロータリーの活動に少しでもプラスになる方々に卓話をお願いします。
クラブ会報委員会
  • 平和・親睦奉仕のロータリー活動の理解促進に明るく魅力ある会報作りを目指します。
    <活動計画>
    1.例会情報をわかりやすく編集します。
    2.会長幹事の方針、各委員会情報、卓話内容を共有できるように伝えます。
    3.書き取り、写真、編集校正など協力しあって良い会報つくりを目指します。
クラブ広報委員会
  • ロータリークラブの活動を広報し公共イメージと認知度向上に努めます。
    <活動計画>
    地域のメディアへクラブ活動を広報し記事として掲載して頂くように努めます。
      公共イメージ委員会
  •    雑誌委員会 「ロータリーの友」の記事を会員及び地域へ紹介します。
       IT委員会  ホームページ、MyRotary等の利用促進に努めます。
       記録委員会 クラブのロータリー活動・記事・写真等記録保存します。
会員増強・維持委員会
  • クラブの安定的な活動運営のために、会員数の維持を図ってまいります。今年度は2名の増員を目標にします。
    <活動計画>
    クラブ会員全員の協力の中で、新会員発掘の情報をいただき、積極的に勧誘します。会員選考委員会と協力して新しい職業分類の新会員を勧誘します。
会員選考委員会(職業分類含む)
  • 地域の各職業のリーダー、地域への奉仕活動に協力する候補者から選考します
    <活動計画>
    選考基準は
    1. 職業に対する高潔性 2.奉仕活動への積極性 3.協調性(コミュニケーション能力)

親睦活動委員会
  • 会員相互の親睦と融和のため参加しやすいレクリエーションやイベントを計画実施して参ります。
    <活動計画>
    1.クリスマス会・新年会等恒例行事を開催致します。
    2.親睦ゴルフ会(年3~4回)を開催します。
    3.その他各委員会と意見交換させていただき、より楽しい親睦活動を目指して参ります。
奉仕プロジェクト委員会
  • クラブの奉仕活動を主導し教育的人道的な奉仕プロジェクトを支援いたします。
    <活動計画>
    職業奉仕、社会奉仕、新世代奉仕、交際奉仕の委員会活動に協力し支援します。
職業奉仕委員会
  • 日々のロータリー活動に参加する中で「奉仕の理念」を学び、四つのテストを実践し会員の職業上の手腕を地域社会に役立つよう職業奉仕活動を進めて参ります。
    <活動計画>
    1.例会を通じ会員相互の職業を理解し、そこで得た知識情報を日々の仕事に携わる中で職業奉仕を実践できればと思います。
    2.移動例会の企業見学を実施し、見学先の「奉仕の理念」を学び実りあるものにしたいと思います。
社会奉仕・環境保全委員会
  • 地域社会への奉仕活動を実践します。
    <活動方針>
    1.箱根の観光地ゴミゼロキャンペーンに協力し、自然を守る活動に取り組みます。
    2.行政と協力し環境保全に努めます。 3.町社会福祉協議会の活動に協力します。
新世代奉仕委員会
  • 町内の小学校中学校高校などの教育施設団体を支援、新世代へ奉仕します。
    <活動計画>
    1.中学卒業予定の生徒へのテーブルマナー教室を開催します。
    2.恵明学園等町内民間教育施設団体への新世代奉仕を研究し支援します。
    3.箱根町への若い世代の移住者促進に協力します
国際奉仕・姉妹クラブ委員会
  • RI 国際奉仕活動の内容は、
    1.世界社会奉仕(WCS活動)
    2.国際レベルの教育及び文化活動
    3.国際的な会合
    4.海外姉妹クラブとの国際交流などがあります。
    これらの指針に沿って活動を展開します。
  • <活動計画>
    1.国際的理解を深め共に学ぶために留学生、海外で仕事をされている方、されていた方をお招きしゲストスピーカーとして卓話をお願いします。 
    2.国際大会への積極的な参加を呼びかけます。3.国際交流のガイド役として活動します。
研修リーダー・RC情報委員会
  • クラブにおける研修リーダーの役割はロータリーに関する有益な情報を提供し未来のリーダーを育てるため、人材の育成を図ることです。そしてクラブの将来像を執行部とともに検討し、「効果的なクラブ」「元気なクラブ」実現のため尽力してまいります。
    <活動計画>
    1.RI・地区からの情報を会員に正しく伝えるとともに会員に地区各種セミナーへの参加を促し学んだことを会員間で共有できるよう尽力してまいります。
    2.執行部・理事会・各委員会に協力し、スムーズな運営に努めてまいります。
    3.新会員の入会にあたり、関連委員会と協力し、オリエンテーションを行い、会員の特典や責務を理解させ、ロータリー活動に早く溶け込むよう指導してまいります。
ロータリー財団委員会
  • 財団の目的は、人々の健康状態の改善、識字率の向上、貧困救済を通して世界相互の理解親善、平和を達成することです。そのために地域社会国際社会に奉仕活動を実施することが重要です。財団委員会には実践の手段として幾つかのプロジェクトがあり、とりわけ地区補助金、グローバル補助金の活用が行われています。会員はその内容を周知し実践できるよう努めるようにしたいと思います。
    <活動計画>
    1.年間寄付会員200ドル以上、恒久基金1000ドル(クラブ1名以上)、ポリオ撲滅40ドル以上の目標を達成できるように努める。
    2.ポール・ハリスフェローへの理解と協力を引き続き進める
    3.財団の各プロジェクトを再度周知、理解するように努める
米山記念奨学委員会
  • 米山記念奨学会は外国人留学生を支援する奨学金団体です、奨学会の目的及び意識をより一層ご理解いただき、会員が寄付金に積極的にご協力 いただける様に努めます。
    <活動計画>
    1.学業への熱意、異文化理解、コミュニケーション能力等の米山奨学生の選考方法、現状等をご理解いただくように努力します
    2.米山留学生の卓話を通して奨学事業へのご理解とご支援をお願いいたします。
    3.本年度も一人当たり¥20,000(以上)を目標としております。

ページTOPへ